マーケティング

【目安】台湾インフルエンサーの影響力について

台湾インフルエンサープロモーションの影響力はどの程度なのか?その定義や目安は?

プロモーション導入の検討をする際にはインフルエンサーに関していくつかの点は必ず気になるポイントとなるはずです。

どういったインフルエンサーがいるのか?

どのプラットフォームで強みが有るのか?

どのくらいのファンがいるのか?

本当に影響力があるのか?

これらの項目は施策担当としては気になるところかと思います。

日本国内でもデジタル広告の手法としてインフルエンサーマーケティングが活発となってきていますが・・・

どこからがインフルエンサーなのか?

実際に明確に答えられる人は少なく、Wikipediaで見ても数値的な部分は明記されていません。

その実、インフルエンサーの定義・目安は曖昧なままとなっているのが実態です。

 

 

台湾インフルエンサーのランクの目安

台湾インフルエンサーと言われても、どこからがインフルエンサーなのか?

その様な疑問を業界のあちこちで耳にします。笑

我々の過去の実績や経験値を元に独自のリストとして作成しました。

このリストは過去の実績や経験を元に独自に定義・制作した表です。

このリストは何を意味するかと言うと、費用感の把握に繋がってきます。

広告の世界では当たり前ですが、影響力=費用と考えられるからです。

実際、Bランクを超えてくる台湾インフルエンサーの場合、それに応じた費用感となっていきます。

いきなり大きな資金を投じてプロモーションをして失敗してしまい、二度とやらないとなっては元も子もありません。

影響力のあるインフルエンサーを、適切な予算で起用して、適切なコンテンツでPRする。

ブランディング戦略にもよりますが、予算に応じてCランクや素人ランクを複数人起用して一定の質を担保して量でプロモーションするという手法もあります。

  • 適切な台湾インフルエンサーを探す
  • お互いの認識をすり合わせる
  • プロモーションの方向性を理解する

これらを意識することでコンテンツ戦略を、1%でも高く成功させる鍵となります。

 

 

フォロワー数、ファン数=影響力ではない

フォロワー数やファンが多ければ誰でもインフルエンサーじゃないの?そういった疑問が浮かぶかもしれません。

困ったことに、一概にフォロワーやファンが多い=影響力とは言えません。

理由は、その台湾インフルエンサーにはどういったセグメントのファンが付いているのか?と言う点です。

批判を受ける言い方かもしれませんが、単純にカッコいい・可愛いでフォロワーやファンが多いインフルエンサーの場合、商品やサービスを提供する企業側からすると求めるターゲットなのか?求めるブランディング効果を出すことができるのか?

プロモーションにおいての不安要素となります。

実際、優秀な台湾インフルエンサー(KOL)の場合、自身のフォロワー数・ファン数だけでなくその内訳までをしっかりと把握しており、闇雲にフォロワーやファン増やすことをせずに、狙った層を獲得する為のコンテンツ作りを心掛けています。

このような台湾インフルエンサーを起用する事が、失敗しないインフルエンサーマーケティングのポイントとなります。

KOLとは?インフルエンサーとの違いについて

目次 KOLとは?KOL(キーオピニオンリーダー)とインフルエンサーの違いとは?KOL(キーオピニオンリーダー)の由来KOL(キーオピニオンリーダー)の具体例キーマンの影響力KOL(キーオピニオンリー ...

続きを見る

 

 

最後に

台湾インフルエンサーの影響力について、独自にまとめたリストをご紹介いたしました。

ランクと言う概念を導入する事で、台湾インフルエンサープロモーションにおいて

S、Aランクを起用して短期間で一気に広める!

と言うだけでなく、

B、C、素人を活用して中長期的なマーケティング戦略で運用する

こういった使い分け方を検討しやすくなるかと思います。

ブランディング、マーケティング戦略を企画する上での一つの指標としてご参考いただければと思います。

詳しい詳細をもっと聞きたいと思っていただけた場合は、コンタクトフォームよりお問い合わせください。

>>>台湾インフルエンサープロモーションについてはこちらから

-マーケティング

;

Copyright© GHold, Inc. , 2019 All Rights Reserved.