マーケティング

KOLとは?インフルエンサーとの違いについて

投稿日:

KOLとは?

KOLとはキーオピニオンリーダー(Key Opinion Leader)の略です。

現在の中国・香港・台湾等を始めとするアジアで主流となっているマーケティングコンセプトのことを指します。

中国語の繁体字と簡体字だと下記のように書きます。

英語Key Opinion Leader
繁体字關鍵意見領袖
 簡体字关键意见领袖

台湾現地では意見領袖と使われることが多いです。

一般的な定義をもう少し細かく言えば、様々な媒体(テレビやSNS等)で商品やサービスの情報を特定の層やグループに対しアプローチでき、かつ正確で多くの情報を伝える事で、特定の層やグループの購買行動に大きな影響を与える人物を指します。

いわゆるインフルエンサーマーケティングなのですが、もっと厳密に言うとインフルエンサーとは明確な違いが存在します。

 

 

KOL(キーオピニオンリーダー)とインフルエンサーの違いとは?

日本でもここ数年でよく耳にするようになったインフルエンサーとKOL(キーオピニオンリーダー)の違いとは何なのでしょうか?

その答えは、専門性です。

KOLとインフルエンサーの違いは専門性の有無で明確に区別・分類することができます。

 

例として、下記のコピーを参考にしてみてください。

フォロワー数30万人!超美人OLおすすめの化粧落とし!

フォロワー数30万人!世界的メイクアップアーティスト推薦の化粧落とし!

こう見た場合、同じ商品を説明されたとしたらどちらの説明に説得力があると見えますか?

前者がインフルエンサーで、後者がKOLです。

素人と玄人がPRする場合、どちらの説明がフォロワーや、たまたま広告を目にした人々に対して説得力と訴求力があるかは想像できるかと思います。

ただ単に商品の販売促進や認知を求めるならインフルエンサーでも十分に効果はあります。

その一方で、

深い商品の訴求

信頼性の獲得

ブランディング

これらを含めた目的でプロモーションを仕掛けるのであればKOLが有効なのは、上記の例文を見てもらえればおわかり頂けるかと思います。

 

 

KOL(キーオピニオンリーダー)の由来

台湾のマーケティング業界では、販売促進に影響力を持つ専門家や権威をKOL(キーオピニオンリーダー)と呼んでいます。

元々は製薬業界や医師、研究者等を指してKOL(キーオピニオンリーダー)と呼称していました。

しかし、近年のSNSの普及により、マスメディア以外での情報拡散において個人の活躍度に応じて、容易に情報や承認や認識を多くの人々に促すことができるインフルエンサーが登場するようになりました。

インフルエンサーが誕生し、その中でも特定の専門領域を持ったインフルエンサーを中華圏のマーケティング業界ではKOLマーケティングと呼ぶようになり、KOL(キーオピニオンリーダー)と言う単語が浸透しました。

実際、台湾のマーケッターとの商談ではインフルエンサーと言うよりもKOLの重要度の方が高く、KOLをメインとしたマーケティング施策を提案して進めることが一般的です。

 

 

KOL(キーオピニオンリーダー)の具体例

KOL(キーオピニオンリーダー)とよく重なって勘違いされるのはKey Man(キーマン)です。

この二つは全く意味合いが異なりますので順番に説明致します。

 

キーマンの影響力

周囲は異なる意見や価値観を持っているが、ある人物の意見や発言を中心として同調・共感を得る、影響を与える人物のことを「キーマン」と呼びます。

 

KOL(キーオピニオンリーダー)の影響力

ある特定の人物の意見や発言で、周囲の人がその人物の意見や価値観に対して同調・共感する直接的な影響を与える人物をKOL(キーオピニオンリーダー)と呼びます。

 

もっと簡単に言うと・・・

キーマンの影響力関係者がポジティブ・ネガティブに共感・同調
KOL(キーオピニオンリーダー)の影響力関係者にポジティブに共感・同調される

キーマンとKOL(キーオピニオンリーダー)の違いを理解する事で、商品・サービスの価値形成や販売戦略の立案に役立てる事ができます。

商品_サービスのプロモーション戦略を立てるうえで重要となるのは、KOL(キーオピニオンリーダー)の存在だと言うのは言うまでもありません。

 

 

 

KOLの特徴

では、何をもってKOL(キーオピニオンリーダー)と呼ばれるようになるのか?

3つの大きな特徴が存在しており、台湾KOL業界では以下の内容で認知されています。

 

①キャリア・専門性

冒頭からお話ししているように、KOLはある一定の分野や業界に長けている、精通してるスペシャリストのことを指します。

更に、幅広く情報や情報源を持っており、豊富な知識・経験を兼ね備えている事も大きな特徴です。

 

②コミュニケーションスキル

KOL(キーオピニオンリーダー)は多くの場合、高いコミュニケーションスキルと社交性を持ち合わせているケースが多いです。

行動力も持ち合わせており、様々なイベントや活動に積極的に参加する事で多くの方面で人脈を築いており、幅広いネットワークを持っています。

支持されているファンやグループの中心に対して積極的に情報を発信するのはもちろん、更にそのファンやグループの代表として対外的にも情報を発信でき、自身の専門分野外にも影響を与えることのできるキーマンの要素も含んでいます。

とても広い範囲で強力な発信力と影響力を持ち合わせています。

 

③柔軟性

KOL(キーオピニオンリーダー)は新しい物やサービス対して抵抗がありません。

ファッションやトレンドにとても敏感で、常に物事の新たな変化に気を配り、新しい物やサービスは率先して積極的に取り入れます。

 

これら3つの要素が中華圏のマーケティング用いられるKOL(キーオピニオンリーダー)の特徴と定義です。

 

 

台湾インフルエンサーマーケティング

本日はKOL(キーオピニオンリーダー)とは何なのかについてのお話しでした。

GHoldでは台湾向けの台湾インフルエンサーを活用したプロモーションご提案しております。

詳細は下記ページをご参照ください。

台湾 インフルエンサー プロモーション

        お問合せ       もっと詳しく 会社名 お名前 (必須) 電話番号 (必須)   メールアドレス (必須) お ...

続きを見る

KOLという単語はまだまだ日本では浸透していない単語。

クライアント様とのお打ち合わせでは台湾インフルエンサーとお話して説明していますが、GHoldでは数多くの分野でKOLのご提案が可能です。

無料でご相談を承っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ

-マーケティング

;

Copyright© GHold , 2019 All Rights Reserved.