マーケティング

台湾のFacebookを活用したブランディング方法

台湾でのブランディングはスムーズに行えていますか?

台湾市場進出のプロモーション施策を一通りこなし、新規ユーザーを獲得した次にぶつかる壁。

それは、いかにユーザーをホットな状態を維持しての再購入に繋げるかのリピート施策のフェーズになるかと思います。

せっかく多額の予算をつぎ込み、台湾市場でブランディングを実施して新規顧客を獲得してもリピート(再購入)に繋げることができなければ、非常にもったいないことをしています。

では、リピートにつなげる最も効果的な施策は何なのか?

 

リピートに繋げる為には、ある考え方を持たなければなりません。

いかにその商品・サービスに対して・・・

興味を持たせ続け

魅力を感じ続けてもらい

親近感を高い状態で維持できるか

商品・サービスに対してのエンゲージメント向上の施策が必要不可欠です。

 

ブランドエンゲージメントとでも言うのですかね。リードナーチャリングのような考え方です。

このブランドエンゲージメント対策の手段として、台湾ではFacebookページが活用されています。

この記事では台湾でのリピート施策の為のFacebookページを活用したブランディングについてお話いたします。

 

 

なぜFacebookでブランドエンゲージメントを上げるのか?

え、InstagramじゃなくてFacebookなの?

そういった疑問もあるかもしれませんが、なぜFacebookなのか?

その答えは「ユーザー同士が交流し、気軽に参加出来るから」です。

ブランディングにおいてInstagramが重要な役割を持つのは日本と同じで、近年の台湾でも同じ状況なのは間違いはありません。

 

新規ユーザーを獲得する場合は、FacebookでもInstagramでも戦略に応じてどちらでも構いません。

しかし、

リピートユーザー獲得を意識したブランドエンゲージメントを上げる場合はFacebookが適しています。

 

FacebookとInstagramの大きな違いをわかりやすく言えば、UI/UXの違いです。

Facebookグループ・・・スレッド形式

Instagramページ・・・アルバム形式

アルバム形式のInstagramでは見て満足しますが、スレッド形式(厳密に言うと違いますが)のFacebookでは、ついつい他のユーザーのコメントもコメントも目に入りやすく、ついついコメントや返信をしたくなります。

この違いが決定的で、それぞれのニュースフィードのアルゴリズムや表示形式等のUI/UX的な仕組の話になりますが、Facebookの方が「ユーザー同士の交流のしやすさ」という点でInstagramに勝ります。

結果、台湾でのブランドエンゲージメント向上にはFacebookページの運用が適しているということになります。

 

 

 

ブランドエンゲージメントを高めるには?

ブランドエンゲージメントを高める要素としては大切なポイントは3つ

ポイント

無意識でも常に情報に触れさせる(魅力の提供)

日常の中で満足と期待を高める(興味の継続)

気持ちが高まったら参加させる(親近感の獲得)

この要素を満たせる最適な方法がFacebookグループの運用なのです。

そしてもう一つFacebookが適している理由があります。

それがFacebookページ、非公開グループの存在です。

このFacebookの非公開グループを活用することで、ブランドエンゲージメント向上➝リピートに繋げるという方法になります。

 

 

Facebookの非公開グループとは?

日本ではFacebookがあまり活用されていないから、イメージが沸かない!

はい、私自身も台湾でのマーケティングに従事していなかったら非公開グループの存在すら知らなかったままだと思います。笑

Facebookページを作成することで、更にページ内に非公開グループを作成出来る仕組みがあります。

※Facebookページを作成しなくても非公開グループだけでも作成はできます。

 

それでは実際に台湾で運用されている非公開グループの実例を見てみましょう。

下記の画像は台湾では有名な非公開グループなのですが・・・(非公開なのに有名って!笑)

非公開グループなのにも関わらず26万人もの参加が確認できます。

Facebookの利用率が低い日本市場してんからすれば、これだけで非常に驚きですね。

 

では、投稿内容に対しての反応はというと・・・

非公開であるにも関わらず、1つの投稿に対してこの反応数です。単純にすごい。

こういったエンゲージメントの高い非公開グループの活用方法が、この参照例だけでなく台湾ではその他にも多く存在しています。

Facebook利用率世界1位の台湾ならではの手法かもしれません。

>台湾市場でお困りですか?台湾展開はGHoldにご相談ください。<

 

 

新規の獲得と同じ様にリピート施策に注力を!

内容をまとめると、

Facebookの非公開グループを運用してブランドエンゲージメントを上げてリピートに繋げる。

というお話でした。

リピート施策を検討する際、このエンゲージメントの高さに注目してFacebook非公開グループの運用に力を入れている有名ブランドは非常に多いです。

あのブランドのFacebookページはすごいな〜!

と心当たりがあれば、非公開グループがあるか覗いて見てください。

大体そのブランドは非公開グループの運用に力を入れているはずです。

しかし、単純に運用すれば上手くいくわけではりません。

運用時の点は細かく注意しなければ逆にブランドエンゲージメントの低下を招いてしまいます。

この点に配慮して、台湾市場でのリピート施策の参考にして頂ければ幸いです。

>Facebookグループの運用に興味をお持ちの場合や、台湾におけるブランディングにお悩みであればGHoldにご相談ください。<

それではまた!

-マーケティング

;

Copyright© GHold, Inc. , 2019 All Rights Reserved.